SideCI Blog

自動コードレビューサービスSideCIを提供している株式会社アクトキャットのコーポレートブログです。



Railsってほんとにイケてるの?ベンチャーがRailsを使ってるのか調べてみた(2014年版)

私はRails大好きっ子で、Rails2系から使ってるんですが、日本でイケてるベンチャーでどれぐらいRailsが使われているんだろう?と思って、調べてみました。

まずざっくり1行でRailsを説明すると、RailsはRuby言語用ウェブアプリケーションフレームワークです。イケてるFrameworkとしていくつかのイケてる大手ベンチャー企業で使われています。

Railsに尖ってる代表例を3社ピックアップ

料理レシピサイトのCookpad

料理レシピサイトのCookpadのイメージ図

ソシャゲ企業大手のドリコム

ソシャゲ企業大手のドリコムのイメージ図

ジョブセンスのリブセンス

ジョブセンスのリブセンスのイメージ図

その他にも大手の導入実績多数

楽天、Yahoo! Japan、カカクコム、食べログ、etc… 色々な企業の新規事業でRailsが採用されてます!

どベンチャーでどれぐらいRailsが使われているかまとめ

シードファンドから資金調達しているベンチャー企業169社を対象に調査を行いました。 その結果、169社中36社がRuby on Railsを採用していました!

Ruby on Railsの採用割合

約21%がRuby on Railsを採用

この21%という数字は実はちょっと低めで、169社の内には、Railsがない時代からの企業や、非IT系企業、スマートフォン特化型企業も含まれています。そのため、実際は30%、ITベンチャーの3社に1社はRuby on Railsを採用しているのではないかという肌感覚です。

「ITベンチャーの3社に1社はRuby on Railsを採用」の内訳

今回の調査では下記の4つのファンド、サイトから調査を行いました。

  1. Open Network Lab
    17社中9社採択。約52%
  2. Incubate Fund
    71社中13社採択。約18%
  3. MOVIDA JAPAN
    18社中3社採択。約17%
  4. Samurai Incubate
    63社中11社採択。約17%

元々エンジニアを有するチームへの投資に積極的なOpen Network Lab(onlab)だけ約52%と飛び抜けたRoR採択率となっておりました。それ以外は基本同じ比率。

これらの調査は各社のHPの採用ページや、各サービスのHPをBuiltWith Technology Profilerによる解析によって行いました。

Railsを使ってないところは何を使っているか?については、詳細な調査はしていないものの、大体下記の普及率でした。RailsとCakePHPの利用率はほぼ大差がありませんでした。

  1. CakePHP
  2. WordPress(Frameworkではありませんが…)
  3. Codeigniter
  4. PHP(フレームワーク不明/なし)
  5. Java(フレームワーク不明/なし)
  6. Node.JSなどetc…

その他のイケイケスタートアップでも採用事例多数

スタートアップ界隈で話題の採用サイト、Wantedly

Wantedly

Wantedlyのイメージ図

クラウドソーシングで話題のCrowdWorksもRails

CrowdWorks

クラウドワークスのイメージ図

まだonlab.jpのHPに掲載がないけど最近3億円調達した動画のクラウドソーシング、Viibar

viivar

Viibarのイメージ図

まとめ

冒険したいエンジニアはJavaやPHPではなくRuby言語を習得すると、イケてるベンチャーに行きやすいかも。それはさておき、個人的にRails大好きっ子なので、

Railsめっちゃオススメ!

追記: ご指摘があったので追記。Railsが好きな理由、イケてると思う理由は後日別記事で投稿させて頂きます。本記事は好きだから、どらぐらい使われているのか、調べてみたことをまとめて見た記事です、ご了承ください。今回はある程度まとまった情報ソースがあるベンチャー企業を主として調べたのですが、その他のソースとなりそうなものがあればぜひコメント・ご要望ください!