読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SideCI Blog

自動コードレビューサービスSideCIを提供している株式会社アクトキャットのコーポレートブログです。



SideCIのチームでのご利用方法に関して

SideCI Announcement

SideCIのチームでのご利用方法に関して少しだけご紹介させて頂きます。

SideCIはチームでの利用が可能です。 プライベートレポジトリでも無料で、無限のユーザ数、レポジトリ数でご利用頂けます。

ただし、現在のところ「チーム」という概念は用意されていません。 「レポジトリ」を唯一の存在として、GitHubレポジトリはSideCI上ではユニークに扱われます。GitHubレポジトリに対して、通知の設定や、各種結果の蓄積が行われます。レポジトリへのアクセス権はGitHubを主としています。

そのため、下記のように記載させて頂いております。

このRepositoryの管理画面はcollaboratorなら誰でも見ることが出来、この画面も全員の共通画面です。設定の変更にはお気をつけ下さい。

f:id:sideci:20140712161005p:plain

また、

新しい解析結果をGitHub上にyoneappさんのアカウントでコメントします

のようにも表示させて頂いております。ここに表示されているユーザでGitHub上へのコメントは行われます。また、これは最初に該当レポジトリを登録したユーザのアカウント名にて行われます。

チームでの使い方を簡単にまとめてみます。

1. SideCIにコードレビューなどを主に行う人のアカウントにてサインアップ・ログインして下さい

f:id:sideci:20140712162958p:plain

2. Automated Code Reviewしたいレポジトリをチェックして選択して下さい。

f:id:sideci:20140712163248p:plain

3. GitHubへの自動コメント機能がONになっていることを確認します

f:id:sideci:20140712163612p:plain

4. さぁ、コードを書いてGitHubにPushしましょう

f:id:sideci:20140712163840p:plain

5. 指摘があれば自動でレビューがコメントされます

f:id:sideci:20140624155515p:plain

6. 結果はSideCI画面からでも

実行結果はSideCIの画面からも見ることが出来ます。これは対象のGitHubレポジトリへのアクセス権があるユーザなら閲覧できます。チーム内において、1人だけが設定して頂ければ、その他のメンバーの方は、コメントをみたり、SideCI画面をみたりするだけでOKです。

SideCIの画面は最近このような画面にアップデートしました。

f:id:sideci:20140712164307p:plain

※スクリーンショットのプロジェクトはテスト用のため、コードは意図的にズタボロです。。。 Statusが全部緑色になるといいですね!なかなか全部を緑色にするのは難しいですが。

というわけで、SideCIのチームでの簡単な使い方でした。 ぜひご利用頂ければ幸いです。

https://www.sideci.com/