SideCI Blog

自動コードレビューサービスSideCIを提供している株式会社アクトキャットのコーポレートブログです。



【お知らせ】【修正完了】現在発生中の不具合に関する報告・お詫び

こんにちは。SideCIチームです。
現在、一部のユーザ様にて一部機能が正常にご利用出来ないケースがございます。修正に努めておりますが、あと数日程度かかる見込みです。誠に申し訳ございません。

対象となるのは主に以下の機能です。

  • JSHintを利用した解析 / PullRequestコードレビュー
  • RuboCopを利用した解析 / PullRequestコードレビュー
  • Reekを利用した解析 / PullRequestコードレビュー
  • PHP_CodeSnifferを利用した解析 / PullRequestコードレビュー

上記機能の内、下記を満たしている場合に正常にご利用が頂けません。

  • レポジトリ全体にスキャンをかけた結果、指摘数が1万件以上程度ある場合

現在、この不具合の解消に努めております。今しばらくお待ちください。解消しましたらブログ、また、お問い合わせ頂いている方には個別にご返信させて頂きます。

ユーザ様側で対応可能な方法として、以下の3つの方法で動作するようになる可能性がございます。

  • コードの指摘箇所の修正
    • 指摘が減るよう、コードの修正を行って頂けますと直る可能性がございます。
    • RuboCop、PHP_CodeSnifferは自動修正オプション・ライブラリもございますので、お試し頂けますと幸いです。
  • 各アプリケーション用コンフィグファイルの作成・変更
    • 意図した指摘のみが行われるようconfigファイルを作成頂けますと幸いです。

上記のシーン以外にて動作しないケースがございましたら、SideCI内サポートチャットにてご連絡下さい。

ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

追記 2015/06/26 16:10

本記事にて告知していた以外の不具合/バグが新しく1件発見されましたため、こちらを修正致しました。本記事の問題は継続して発生・改善中です。

こちらの影響は指摘内容によって発生する可能性のあるものでした。そのため、影響範囲はランダム気味であり、どういったレポジトリ、ツール、コード規模などに影響のあるものであったかは不明です。 こちらの新しく発見されたバグによって、正常にご利用出来る用になったユーザ様・レポジトリも多いかと思います。

ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。今後ともご利用のほどどうぞ宜しくお願い致します。

追記 2015/07/06 16:00

2015/07/03 23:15 に本不具合を修正致しました。指摘件数が数千・数万以上の場合でもSideCIは正常に動作するようになりました。長らくご不便をお掛けして大変申し訳ございませんでした。

また、今回の修正にあたって、一部仕様の変更を行わせて頂きました。1ツールを用いた検査での指摘件数が500件を上回った際に、新しい指摘(今回のコードの変更によって生まれた指摘)以外の指摘(コード全体に含まれる指摘)は閲覧が頂けないようになりました。

要望によっては全指摘をSideCI画面上で見られるようにする予定ではございますが、500件以上の指摘をSideCIの画面上で閲覧するのはあまり便利とは言えないかと思います。皆様にご意見・ご要望お伺い出来ましたら幸いです。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。