読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SideCI Blog

自動コードレビューサービスSideCIを提供している株式会社アクトキャットのコーポレートブログです。



【お知らせ】Rubyのgemのアップデートをお知らせする機能を提供開始、旧型機能を廃止致します

SideCI Update Ruby

こんにちは。SideCIの機能強化及び一部機能の廃止のお知らせです。

本日2015年7月13日より、Rubyのgemのアップデートをお知らせする機能の提供を開始致しました。アップデートが可能なgemの一覧はSideCIのサイト上で閲覧出来ます。

RubyのgemのアップデートをSideCIで確認出来ます

アップデート可能かどうかはpull_requestがopenもしくは更新された時、もしくは、SideCIサイト上でanalyzeボタンクリック時に検査し表示いたします。新しいバージョンのgemがリリースされた時に通知されるわけではありませんのでご注意下さい。
これらはSideCIのサイト上でのみ閲覧出来、メール通知やGitHubへのコメント等は行われません。

導入方法

レポジトリのAppSettingページよりRuby Bundler Outdatedアプリを有効に設定して下さい。

SideCI上でのRuby Bundler Outdated設定イメージ

利用イメージ

Feed上にアップデート可能なライブラリ(gem)が何個あるかが表示されます。

SideCI上でのRuby Bundler Outdated設定イメージ利用イメージ

上記部分をクリックすると詳細な一覧が閲覧出来ます。

SideCI上でのRuby Bundler Outdated設定イメージ利用詳細イメージ

Pushベースの機能類が廃止されます

以前よりサービス内にてDeprecated表示を行わせて頂いておりました、GitHubにコードをPushして頂いたものを検査、表示する機能を本日2015年7月17日に廃止致します。

今回のgemのアップデートをお知らせする機能の提供開始により、Pushベースで稼働する機能で行える事が全てPull Request 及び 手動タイミング実行型機能にて利用が可能になりました。そのため、Pushベースの機能を廃止することとなりました。

また、以前よりPushベースの機能についてはサーバの処理能力が十分でなく、また、廃止予定の機能であったため、サーバ増強などを見送っており、実行にお時間掛かっておりました。誠に申し訳ございません。

今後のPull Request 及び 手動タイミング実行型機能でのgemのアップデートを確認する機能は実行開始(指示)後即座に解析が実施され、数分以内に結果が閲覧可能になります。

おわりに

いつもSideCIをご利用いただき、もしくは、本ブログを閲覧頂き誠にありがとうございます。もしSideCIをまだご利用中でない方はぜひSideCIをご利用下さい。プライベートレポジトリでも利用料無料、レポジトリ数制限や解析回数制限などもございません。クレジットカードなども入力頂く必要なく、およそ30秒でセットアップは完了致します。

Gemのアップデートを見やすくする・お知らせするサービスとしてgemnasiumなどもございますが、gemnaisumは月額$15からの利用料であるのに対し、SideCIは無料でご利用頂けます。(将来的に有償化を行う予定ではございますが、実施日は決まっておりません。少なくても数ヶ月間は無料でご利用いただけます。)

機能追加や改善など今後も積極的に行ってまいりますので、ご使用、ご意見・ご要望をフィードバック頂けましたら幸いです。SideCIログイン後画面右下のチャットボックスにて、お声がけをお待ちしております。

今すぐSign Up / チャットでお声がけお待ちしてます。
https://www.sideci.com/