SideCI Blog

自動コードレビューサービスSideCIを提供している株式会社アクトキャットのコーポレートブログです。



SideCIはPull Requestにコメントできるようになりました

SideCI は従来、Pull Request を解析し、指摘があった際はコミットステータスを fail にして、sideci.com 上で指摘事項を確認し、対応していただいておりました。今回、それに加えて新たに Pull Request にコメントを行う機能を追加しました。これにより、Pull Request ページを離れることなく、より簡単に解析器が指摘した内容を確認することができます。

f:id:a_ksi19:20170831165847p:plain

積極的に指摘する Querly のような解析器や、細かく指摘するために厳しく設定した解析器を利用する場合、コメントされる指摘事項に多くの偽陽性が含まれることがあります。これは、GitHub 上の Pull Request のページに多くのコメントがつくことを意味しており、指摘された内容を直すのか無視するのかを注意深く確認する必要があります。この場合は、必要に応じて sideci.com からクローズするなどの対応を行うことをおすすめいたします。

指摘数が多い場合、それらの指摘はサマリとしてまとめられ、以下のようにコメントされます。

f:id:a_ksi19:20170831165922p:plain

なお、この機能はリポジトリ設定画面より設定することができます。

f:id:a_ksi19:20170831165946p:plain

また、RuboCop、ESLint、PHP_CodeSniffer など、日本語化が行われている解析器を利用していて、指摘する際の言語を日本語に設定している場合、Pull Requestへのコメントは日本語で行われます。 ※ 一部の指摘については翻訳されていない場合もございますので、予めご了承ください。