Sider Blog

コードレビュー自動化サービス「Sider」を運営するSider株式会社のコーポレートブログです。

エンジニアが作りたいものを本気で作るための起業という選択肢。起業、Pivot、レビュー支援サービスSiderの着想から現在、未来

この秋、Siderが初めてGitHub Universeにスポンサーとして参加することをきっかけとして、私が1人だけでコードを書いていたところから、書かなくなり、CEOとして会社という組織を引っ張っていくようになるまでの物語を、3週に渡りお伝えしていきます。本記事…

Sider スペシャルインタビュー ー RuboCopの生みの親Batsov氏に、RuboCopとRuby Style Guideについて直接聞いてみました

Siderは、2018年8月よりRuboCopのスポンサーになりました。 今回はこれを記念して、RubyKaigi 2018にて実現した、RuboCopの生みの親であるBozhidar Batsov氏への独占インタビューの日本語版を公開いたします。SiderのCTOである松本宗太郎とRuboCopコミッター…

8月分の解析ツール更新を行いました

Siderは毎月解析ツールのバージョンを見直しております。このたび、8月分のバージョンアップデートを行いましたのでお知らせいたします。 Checkstyle v8.11 -> v8.12 http://checkstyle.sourceforge.net/releasenotes.html#Release_8.12 https://github.com/…

SFにSiderのUSオフィスが設立されました!

(左: CEOの角幸一郎 右: Head of Business Developmentの笠原太一) このたび、SiderはUS内の拠点をサンフランシスコに立ち上げました。コードレビューが開発にとって重要だと考えるSiderは、2014年にコードレビュー自動化サービスをリリースして以来、「コ…

Sider 特別インタビュー GitHub アーロン・パターソン氏  コードレビューにとって大切なことは

2018年6月12日、13日の2日間にわたり、GitHub Satellite Tokyoが開催されました。 Siderでは、これにあわせて来日していたGitHub社のAaron Patterson(アーロン・パターソン)氏に、特別インタビューをお願いしました!気さくで日本語が堪能なアーロンさんは…

SiderにおけるFlake8サードパーティープラグインサポートのお知らせ

SiderでFlake8のサードパーティープラグインが使えるようになりました。 Flake8は コードのスタイル、エラー、循環的複雑度をチェックすることができるツールです。 Flake8のコア機能だけでもある程度有用な指摘を得られるかもしれませんが、 さらに詳細な指…

7月分の解析ツール更新を行いました

こんにちは。プロダクトチームの渡邉です。Siderでは毎月解析ツールのバージョンを見直しております。この度、7月分の更新作業を完了しましたので、お知らせします。更新内容は以下の通りです。 Checkstyle v8.10.1 -> v8.11 http://checkstyle.sourceforge.…

PHP_CodeSnifferのデフォルトバージョンを3系に変更します

いつもSiderをご利用いただきありがとうございます。 2018年8月20日をもって、デフォルトで実行されるPHP_CodeSnifferのバージョンを2系から3系に変更いたします。 現在、SiderではPHP_CodeSnifferを実行するとき、デフォルトでは2系の最新版である2.9.1が実…

RubyKaigi ’18 特別企画 Jonan Scheffler 氏インタビュー

2018年5月に仙台で開催されたRubyKaigiの際、私たちSiderチームはなんと、開発者でHerokuのDeveloper AdvocateのJonan Scheffller氏にインタビューする機会をいただくことができました! 大学で日本文化を専攻していたJonanさんが日本語で回答してくださった…

ダッシュボードをリリースしました

こんにちは。プロダクトチームの木庭です。2018年7月9日、Sider は新しいダッシュボードページをリリースしました。 このリリース以前は、ログイン直後やトップページにアクセスした時にプルリクエスト一覧ページが表示されていましたが、このリリースからダ…

メンバーがオーガニゼーション設定ページにアクセスできるようになりました

こんにちは。プロダクトチームの渡邉です。Siderのオーガニゼーション設定ページが、メンバー権限のユーザーでもアクセスできるようになりました。 従来は、GitHub上でオーガニゼーションに対して、オーナー権限を持っているユーザーのみが、Siderのオーガニ…

Siderの表示言語を設定から変更できるようになりました

こんにちは。プロダクトチームの渡邉です。この度、Siderのアカウント設定から新たに表示言語を変更できるようになりました。右上の「アカウント」メニューからアカウント設定ページにアクセスし、言語を切り替えることができます。 変更を保存すると、すぐ…

SideCIはSiderにサービス名変更しました

自動コードレビューツールであるSideCIは、本日2018年6月13日より、プロダクト名をSiderに変更いたしました。

RubyKaigi 2018 直前!チーフオーガナイザ・松田明さん特別インタビュー

今回はRubyKaigi2018開催直前ということで特別にRubyKaigi チーフオーガナイザの松田明さんにインタビューしてきました。数ある松田さんのインタビュー記事の中でも、あまり目にすることのない「コードレビュー」や「レビュー自動化」を中心に、お話をお聞き…

RuboCop vs Rails Best Pratices それぞれの特徴。初心者はどう使う?

目次 どのようなツールがあるか RuboCop 特徴 rails_best_practices 特徴 試してみる。 対象 RuboCop 導入 Gemfileの書き換え database.ymlの作成 Gemの導入 作動させてみる failに対応してみる 設定ファイルでコーディングスタンダードを定める 対応してい…

リポジトリ数無制限の新しい料金プランの提供を開始。旧プランからの移行のお願い

こんにちは。SideCIの角です。いつもSideCIをご利用いただきありがとうございます。 SideCIは料金プランを2018年5月1日より新しい体系に改定いたします。新しい料金プランでは、 プライベートリポジトリ数ではなくユーザ数に応じた料金体系となり、開発チー…

RuboCopコミッタ、Pockeが語るBatsov像とアドバイス -SideCI技術顧問就任記念インタビュー

SideCIは、2018年4月より、RuboCopコミッタのPockeこと、桑原 仁雄氏を技術顧問に迎えました。これを記念し、Pocke氏に、RuboCopから、Bastov氏のこと、そして未来のコミッタたちへのアドバイスなどについてインタビューを行いました。

Reactの開発チーム内でのJavaScriptの静的解析器ESLintの使われ方、設定、独自プラグイン

JavaScriptのための静的解析器ESLintが、facebook/reactにおいてどのように使われ、設定されているか、独自プラグインなどを解説する記事。fbjsなどFacebook社のESLintルールを主に採用。

「SideCIのようなツールが開発プロセス中に存在するのは、ぼくが理想とする世界の一部を実現している」(まつもとゆきひろ氏)

Ruby25周年を記念して学生時代からのRubyファンを公言するSideCI株式会社代表 角 幸一郎がRubyのパパである、まつもとゆきひろ氏にインタビューを行いました。 角 : Ruby25周年おめでとうございます。これまでRubyを開発していて嬉しかったことは、どんな時…

PHPのコーディング規約まとめ。PSR-2, CakePHP, Symfony, WordPress, FuelPHPなどの5つの規約の概要と特徴的なルール

目次 PSR-2 Coding Style Guide CakePHPコーディング規約 Symfonyコーディング規約 WordPressコーディング規約 FuelPHPコーディング規約 参考記事集 チームで開発するにあたり、コーディング規約を決めておくことは重要です。コーディング規約を統一しておく…

Rebuild.fmの宮川氏がRubyまつもと氏に聞いた、Ruby開発の10の論点

当ブログですでにお伝えしたように、Ruby誕生25周年を記念して、2018年2月24日に東京・品川で「Ruby25」というイベントが開かれた。イベントではRubyの生みの親であるまつもとゆきひろ氏のほか、RubyやRuby on Rails開発の第一人者らが集まって現在のRubyの…

もしOSに断絶があればRubyは死んでいた可能性が高い、まつもと氏がRuby25周年で講演

もし過去のOSに断絶があったら、Rubyが絶命していた可能性はかなり高い。25年のRuby開発の歴史を振り返りつつ、そんな意外な見方を示したのはRubyの生みの親として知られる、まつもとゆきひろ氏だ。 日本生まれのプログラミング言語「Ruby」(ルビー)が25歳…

Code Review Meetup #1 コードレビューで集まろうを開催しました。

少し珍しいコードレビューをテーマにしたMeetUpを当社主催で実施しました。 今回はその記念すべき第1回目です。金曜日の夜にもか関わらず、約40名のコードレビューに興味があるユーザに参加いただきました。 概要 開催日時 2018年1月19日(金) 19:00 - 20:4…

Javaのコーディング規約チェックツールCheckstyleの使い方、CIとの統合、オープンソースプロジェクトでの活用事例

目次 Checkstyle概要 CheckstyleとIDEの統合 Checkstyle標準のチェック項目のカテゴリー Checkstyleとビルドツールの統合 Checkstyle標準のチェック項目のカテゴリー 標準で配布されているコーディング規約 オープンソースプロジェクトとCheckstyle ElasticS…

SideCIでJavaが検査できるようになりました

SideCIは最も使われているプログラミング言語の1つであるJavaのサポートをはじめました。 現在PMDとCheckstyleの2つのツールを提供していますが、これ以外にもサポートを希望するツールがありましたらお気軽にお問い合わせください! PMDとCheckstyleとは何…

SideCIでMisspellが使えるようになりました🎉

こんにちは。id:Pocke です。 SideCIで新しい解析器がご利用いただけるようになりましたので報告させていただきます。 今回追加された解析器は、Misspellです。Misspellを使用することで、ソースコードやその中のコメント、ドキュメントなどに含まれる英単語…

SideCIでのクラシックモード廃止のお知らせ

SideCIは、2017年10月31日をもちまして、サービスの正式リリース時より稼働しておりました、クラシックモードを廃止することをお知らせいたします。 お客様にご登録いただいておりますリポジトリは、11月1日以降すべて強制的に新規モードに切り替わります 新…

SideCIはPull Requestにコメントできるようになりました

SideCI は従来、Pull Request を解析し、指摘があった際はコミットステータスを fail にして、sideci.com 上で指摘事項を確認し、対応していただいておりました。今回、それに加えて新たに Pull Request にコメントを行う機能を追加しました。これにより、Pu…

Goのソースコード解析に標準ツールのgo vetを使ってみましょう

企業内においてGoを利用するケースが増えています。コンパイル系であり静的型付けの言語で、実行速度も速いのが特徴です。さらに仕様がシンプルなので習得が容易、かつ書かれたプログラムはマルチプラットフォームで動作します。 人気が出るに従ってチームで…

bundlerのoutdatedコマンドを使ってGemfileの古いライブラリをチェックしましょう

RubyプロジェクトではBundlerを使って依存ライブラリの管理を行うのが一般的です。ライブラリのインストールは簡単にできますが、その後適切に最新バージョンを追いかけないとセキュリティ上のリスクが発生することや、アップデートの差分が大きくなりすぎて…