Sider Blog

コードレビュー自動化サービス「Sider」を運営するSider株式会社のコーポレートブログです。

SiderがGitHub Appsとしてインストールできるようになりました

この度、SiderがGitHub Appsとしてインストールできるようになりましたのでお知らせします。

GitHub Appsとは?

GitHub AppsはGitHubが提供する新しいインテグレーション方式です。GitHubは詳細なアクセス権限の管理のために、GitHub Appsへの移 行を公式に推奨しています。これまでSiderはOAuth Appsというインテグレーション方式でサービスを提供してきました。

2つのAppの違いについての詳細はこちらをご覧ください。

GitHub Appsでできること

より制限された権限

GitHubはGitHub Appsにおいて、より詳細な権限の選択を提供します。 OAuth Appsの場合、Siderはユーザーがアクセス可能なリポジトリすべてに対する参照が可能です。 もちろん、Siderは不必要にリポジトリにアクセスすることはありません。 一方、GitHub AppsにおいてはSiderはユーザーやオーガニゼーションが許可した リポジトリにしかアクセスできません。 つまり、ユーザーはSiderに対して柔軟に権限を制御することができます。

Sider Botの提供

OAuth Appsは、GitHubにアクセスするときにユーザーとして振る舞いますが、 GitHub Appsインテグレーションはボットアカウントとしてアクセスします。 このことはGitHub Appsの場合には自身で管理するボットアカウントが不要なことを意味します。

f:id:sideci:20181210111310p:plain
Sider Bot

移行方法

新しくオーガニゼーションを追加する際には、GitHub Appとしてインストールする必要があります。 既にオーガニゼーションを登録済みの場合は、オーガニゼーション設定ページからGitHub Appsに移行することができます

f:id:sideci:20181210111413p:plain
GitHub Apps Migration

GitHub Appsへ移行する際にはSiderで追加済みのリポジトリが含まれるようにリポジトリを選択するようご注意ください。

最後に

GitHub AppsによってSiderは、より信頼性があり洗練されたサービスを提供することが可能になります。 今後も、SiderはGitHub Apps を使ってサービスの改善に努めてまいります。 この機会にぜひGitHub Appsへの移行をご検討いただければと思います。 なお、移行後はOAuth Appsに戻すことはできません。

何かご不明点がございましたら、お気軽にSiderの右下のチャットからお問い合わせください。