Sider Blog

コードレビュー自動化サービス「Sider」を運営するSider株式会社のコーポレートブログです。

Issueをクローズできる権限を制限できるようになりました

こんにちは。プロダクトチームの渡邉です。
Siderではプルリクエスト内で発生したIssueに対して「修正しない」または「確認済みである」ことを表明するために、それぞれのIssueをクローズできるようになっています。この機能は、そのリポジトリに対してGitHub上でWrite権限以上を持つすべてのユーザーが利用可能です。リポジトリの権限に関する詳しいドキュメントはこちらをご覧ください。

今回、このクローズできるユーザーを Write権限以上からAdmin権限のみに制限するための設定を追加しました。 本設定を有効にするためには、リポジトリ設定画面から「管理者専用」タブを開き、権限の制限を有効化してください(この操作には該当のリポジトリに対してAdmin権限が必要です)。

f:id:sideci:20190219162329p:plain

設定を有効にすると、Write権限のユーザーには以下のようにクローズボタンが無効な状態で表示されます。

f:id:sideci:20190219162353p:plain

詳しくはこちらのドキュメントも併せてお読みください。