Sider Blog

コードレビュー自動化サービス「Sider」を運営するSider株式会社のコーポレートブログです。

外部コラボレーターへのシート割り当て機能を改善しました

こんにちは。プロダクトチームの木庭(@ybiquitous)です。

Siderでは、オーガニゼーションオーナーはプライベートリポジトリの解析結果を閲覧するユーザーに対して、シートを割り当てる必要があります。 従来はオーガニゼーションのメンバーのみにシート割り当てが可能でしたが、今年の8月から外部コラボレーターへのシート割り当てに対応しました。

しかし、一部のユーザーに混乱を招くUIであったため、改善されたUIをこのたび9月14日にリリースしました。

こちらが古いUIの一例です。“Outside collaborators”の下にコラボレーターがずらっと並んでおり、情報過多の印象を与えます。

古いUIの一例
古いUIの一例

今回のリリースでは、Siderユーザーの検索ボックスUIが追加され、外部コラボレーターを簡単に検索できるようになっています。 そして、未割り当てのコラボレーターは初期状態では表示されなくなりました。これにより、視認性が向上しています。

コラボレーター検索
コラボレーター検索

このUIを試すには、以下のステップが必要です(シートプランを購入済みのオーガニゼーションに限ります)。

  1. Siderダッシュボードにアクセス。
  2. 管理者権限をもつオーガニゼーションのリンクをクリックし、オーガニゼーションページに移動。
  3. “Users”タブをクリック。
  4. Siderにサインアップ済みの、そのオーガニゼーション関連ユーザーが1人でも存在すれば、検索ボックスが表示されます。

これにより、そのオーガニゼーションのメンバーでなくとも、コラボレーターとして任意のユーザーにそのオーガニゼーションのシートを割り当てることができます。

今後もSiderプロダクトチームはUIを定期的に改善していく予定です。

フィードバックやご不明点がございましたら、お気軽にSiderの右下のチャットボタンよりお問い合わせください!


あなたのチームの開発効率向上に!
Siderの自動コードレビューを14日間の無料トライアルでお試しください!